カテゴリー「俺ジナル・ファングッズ」の5件の記事

2009年10月29日 (木)

「ロ・メ・ロ!ロ・メ・ロ!(コンサート会場にて)」

 何かのファンならば、それに関係するグッズを集めたくなるのが性。でもグッズが高すぎて、あるいはレアすぎて手に入らなかったり、なんだか自分の欲しいものとズレてたり…、そんなことってあると思うんです。的な同期から、数個の「俺ジナル・ファングッズ」をつくってきたわけなんですが、今回は久々にそれの新作です。

Dscn3367_2

 僕は春も夏も秋も冬も関係なく扇子を持ち歩くようにしている、所謂「ヘビーセンサー」なんですが、長年使っていたものが老朽化によってガタガタに、もうすぐ千切れてしまいそうな状態になったんで、新しいのを買うことにしたんです。
 で、扇子といえば…でマジカルバナナの場合はギリギリ不正解になりそうですが、うちわじゃないですか。で、うちわと言えば、アイドルコンサート(ジャニーズが代表的?)の顔写真貼付けた、あれ正式名称とかあるんですかね、まぁあれ、あれを扇子に適用できるんじゃないかと考えたわけです。

 え?これが誰かって?
Dscn3368
 ロメロだよ!!

 ゾンビ映画好きにとっては神のような存在。そのまんま「ゾンビ」(ド名作)の監督、ジョージ・A・ロメロ監督。
 え?似てない?…確かにそうかもしれない。でも大丈夫。

Dscn3369
 ほら!横に名前が書いてあるでしょ!!

Dscn3372
 逆サイには、僕たちの大好きな”ヤツら”が書いてあるし、扇子だけにセンスは0な「SENSU OF THE DEAD」て文字も書いてあるじゃん。

 ところで、これつくってる時に気づいたんだけど、扇子の山谷構造によって、”アレ”出来んのね。

Dscn3370
 これ!
 ”笑うロメロ”

Dscn3371
 ”悲しみロメロ”

 なんか「悲しみロメロ」ってAKB48の新曲っぽくね?

| | コメント (3)

2008年9月24日 (水)

旅行に持っていったもの

 そんなわけで、ちょっと奄美大島に友人らと行っておりました。
 旅行の思い出は、海で泳ぎ魚を視たり、なんかやたら何処いっても飯の量が多かったり、そんで美味かったり、ちんげを燃やしたり、わき毛を燃やされたり…とまぁ色々あるのだけども、その旅行において、僕は一人勝手に気合いを入れていったものがあった。

 シャツだ。つまり上着。

 とりあえず派手で目立つヤツを持っていったろ、というわけだったんである。
 ユニクロの「ウランちゃんシルエットTシャツ」、同じくユニクロの「グワシ!Tシャツ」、アロハシャツに小さいつばのついた帽子…名付けて「BEGINスタイル」、アメリカで父親が買ってきた「マイケル・ジョーダンの写真がデカデカとプリントされた上に背景がテレビの砂嵐みたくなってる目が痛くなる強烈Tシャツ」、あとこれは着れなかったけれども「スーパーマンTシャツ」。
 そして更にあと2枚…特別なTシャツを僕は持っていった。

Amami001

 以前、「この夏は『俺ジナル・ファングッズ』を作成するぜ!!」と言っておいてそのままだったわけなんだが、ついにそれが実現したってこと。

Amami007

 分かるかな?鳥居みゆきだぜ。

Amami002
 後ろの首根っこには、鳥居みゆき的キーワード「ハッピー」の文字(キーワードつっても「ハッピーマンデー」と「ハッピーターン」からだけど)。
 疑問系になってるのは背後にいる人に向かって「幸せかい?」と問うてるわけさ。何様だよと自分でも思う。

 調子にノった俺は「俺ジナル・ファングッズ」のTシャツ…つまり「俺ジナル・ファンTシャツ」略して「オレT」をもう1枚つくるに至った。

Amami003
 既にお馴染み、「ホワッツマイケル富岡」だよ!!

 ピンクと緑色の組合せはなかなかのもんだろ?

 でもそれだけじゃないぜ。

Amami004
 「それって青春ノイローゼでしょ!!」

 フキダシの伸び先を視れば分かるけど、ホワッツマイケル富岡がこのセリフを言っているわけね。
 さらに注目してほしいのが右下。

Amami005
 なんぎ君だ!!

 サブカルキングみうらじゅんの初単行本『単になんぎなうし』の主人公にして、後にチチヤスヨーグルトのイメージキャラクターを務めるも、実はセックスをしまくる牛という卑猥なキャラクターだったことが広告主にバレ、任を下ろされてしまった悲劇の牛。

 この1枚でみうらじゅんはOKでしょ!!

Amami006
 (ホワッツマイケル富岡の腹から出ているものは腸である)

 今回この「オレT」をつくっていて当然楽しかったし、また着ていても楽しかった。やっぱり「俺ジナル・ファングッズ」はいいぜ!


 「オレT」を作る為に買った無地のシャツはまだもう1枚ある。

 次に何を描こうか…ワクワクだ!!

| | コメント (5)

2008年7月19日 (土)

俺ジナル・ファングッズ活動

 「何か」のファンでいる、マニアでいる、ということでその「何か」関連のグッズを買い漁り収集する。当然の行動である。

 しかしそれには財力や気力、行動力が必須。ナマハンカー(生半可な人)ではファンたりえない、マニアたりえない、実はイバラの道なんである。
 ハッキリ言って「ゆとり世代」。
 僕には財力も気力も、そして決定的に行動力が足りない。

 しかし、財力もいらず、気力はぼちぼち、行動力はほんのちっとあれば可能な、それなのに尚濃厚なファン・マニア活動がある。
 それが「俺ジナル・ファングッズ活動」である。

 実例を挙げれば、ちょっと前に発表した「ホワッツマイケル富岡フィギュア」()とか、そういうことだ。
 「それって非公式グッズじゃん」と言うなかれ。
 公式も非公式もあるか。
 愛なんだよ愛!!

 愛なんているよ、夏!!

 この夏休みの目標として、様々な俺ジナル・ファングッズを作成していくことを、此処に宣言します!!

 「あぁ、またバカがアホやってる」と思いながら…期待せよ!!

| | コメント (2)

2008年7月 3日 (木)

ホワッツマイケル富岡~その2~

その1を先に読んでね。

 さてさて、てなわけで100円ショップに吸い込まれた私が出会ったもの…それは。

Mj001
 コイツだぜ!

 もうこれを視れば分かると思うけど、つまりそう、これを元にカスタマイズしていくってこと。視よ!!
Mj002
 まずは全体の塗装を紙ヤスリで落とした。既にだいぶ近づいてきてるね。
Mj003
 背中が哀愁を誘う。
Mj004
 続いて、さらに紙ヤスリで目の塗装を剥がす。

 そいたらもう9割完成ですよ。さぁ、あとはもう最後の仕上げ…。

 くわぁっ!!
Mj005
 これがホントの「ホワッツマイケル富岡」でしょ!!

 ハッキリ言って「BE@RBRICK」、目じゃないと思うんだけど、どう?
Mj006 Picmain_08_3
 どうよ!!この完成度!!

 さらにはこうしたらどうかな?
Mj_ushi_2
 ホレッ!!

Mj_kakuchinhan
 ハイッ!!


Mj007
 もうこれ、パーペキじゃね?

 完!!

| | コメント (6)

ホワッツマイケル富岡~その1~

 みんな「BE@RBRICK」って知ってるかい。名前を知らなくても、レゴ人形っぽいんだけど熊で色んな柄があるシャレオツなアレ、と言えば「あぁ、ソレね」となるんじゃないかな。

 その「BE@RBRICK」が定期的に出しているシリーズものがあって、今回出たラインナップはなんと世界最強恐竜「ガチャピン」や、最早宗教が出来ても可笑しくない崇拝の対象でありメタルの帝王(08年8月15日訂正)魔王「クラウザーさん」(間違いをお許しくださいクラウザーさん!!)、世界を征服するまでもなくメディアを征服してしまった「秘密結社鷹の爪」より「吉田くん」、オーケンの小説より「ヌイグルマー」、そして我らがMJ、つまりサブカルキングみうらじゅんの自画像としても使用される「ホワッツマイケル富岡」などなど…という超豪華ラインナップ!!

Picmain_08

 自称「遅れてきたみうらじゅん信奉者」である僕は「ホワッツマイケル富岡」をゲットしたい一心で、「BE@RBRICK」の何たるかも知らぬまま近場のおもちゃ屋を漁った。

 売って無ェ。

 そう、この「BE@RBRICK」のシリーズ、どうも所謂普通のおもちゃ屋には売っていないばかりか、店頭からはすぐに姿を消す、ボックスで事前予約必須の商品らしいのだ。東京などに繰り出せば、まだ販売しているような大型店舗があるのかもしれないが、我が地元ではハッキリ言ってお話にならないというわけ。

 田舎者のうえに、事前情報も収集できないカスが、「BE@RBRICK」なんてシャレオツアイテムに手出ししようとしたことが間違いだったのだ。

 「そういうこと。俺みたいなクソうんこ人間が、ちょっと背伸びしようとするからこうなるんだ」という独り言を繰り返し繰り返しつぶやきながら歩き、ふと気付くと吸い寄せられるように「100円ショップダイソー」に入っていた。


 そして、そこで僕は運命的なものに出会ったんだ。


 つづく

| | コメント (0)