« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年6月

2011年6月25日 (土)

「SUPER8」感想絵。

Sc00acffe2_75
(クリックで大きくなります)

 公開初日に観てまいりましたよ、この夏最大の話題作「SUPER8」。

 絵を視てもらって分かるように、僕はもうアリス役のエル・ファニングの虜です。「SOMEWHERE」を絶賛公開中に観なかったの絶賛後悔中ですよまったく。
 まぁ…ともかくもうね……、エルファニだよ!!

 以下、ネタバレあり感想。









 ちょこちょこと納得いかないというか、そこもっと盛り上げないのとか、そのキャラそこで活かさないのかとか、エルファニもっともっと出せ!…とか色々、それもわりと沢山、せっかくこんな良いのに勿体ないんじゃないかとか思うことはあるのだけど、いいよ、そんなの。
 エルファニ筆頭に好きになっちゃったもの皆を。あと主人公はきちんと主人公として成長させて、物語のラストもサッと終わらせてるわけだし、ちょっと思うところなんて、血糊の箱に閉まっちゃうよ!!

 まずさ、童顔のアリスが車を運転してきて、いきなり主人公の存在に文句言い出すところからいいよ。主人公の「知っててくれたんだ!」という喜びがもうこちらに伝染してニヤニヤしちゃう。
 で、もうこれは至高のシーンだと思うんだけど、てか僕がこの映画で一番好きな場面だけど、リハーサルでのアリス演技開眼するとこ。またもや、僕は主人公たちと同様に口をポカーンと開け、そして涙するわけだよ。「やった!やった!」と心の中で思うわけだよ。「この子がこの世に生まれてくれて、そして今目の前にいる…よかっ た!!」って!!!
 そして「電車だ!」と主人公らは映画馬鹿全快…を視て微笑んでくださるアリス様に「ありがとう」でしょ!

 あんなことあったのに、映画にまた「出るよ」って言ってくれんだって、そりゃ心の中でガッツポーズするっつーの。で、そんなキュートでラブリーな彼女がゾンビメイクってもう所かまわず昇天するしかないし、しかもあの開眼した演技力でゾンビも…そう、僕らがさんざんおふざけでやったあのゾンビ演技をやって"くださる"んだぜ、しかも主人公のあんな目の前で、でその時の主人公の表情もいいよね。僕も映画館であの表情してたよ!!!!

 「爆破させちゃ駄目だよ」…そう、そんな女神アリスは、ボンクラ趣味の心を理解してくれて、素敵なお言葉をくれるわけで……主人公も言ってたよ「その言葉にビックリしちゃって」ってそう!心の奥底から沸き上がってくる感動でしょ!!オイルショック!!ドカーン!!温泉が出たぞーーー!!

 そこにきてチャールズの言葉。「何が悔しいってお前ら、両思いだってことだよ」…スマン!チャールズ!!でも「俺みたいなデブじゃ…」なんて言うなよ チャールズ。アリスは主人公の視た目だけに惹かれてるんじゃないんだぜ。いやそりゃ確かにジョーはかわいいよ。けどチャールズ。お前が撮った映画、視たよ。あんな素敵な作品撮るヤツには、きっとそれ相応の素敵な女がついてくると思うよ!だから元気出せよチャールズ。ラスト全然出番無くて、まぁ裏でゲロ野郎の足の世話してたんだろうけど、でも落ち込むなよ。

 な!

| | コメント (0)

2011年6月 8日 (水)

カレーなるトリップ体験と、わりと地元で迷子になるということ。

 久々に、というか実はあまり書いたことないかも…な日記らしい日記、つまり今日あったことを書くという、至極ノーマルといえる、そういうものを今から書こう思う。

 twitterのログを載せながら、今日の出来事を追っていく。

酒のまわりが異様に早い……体全身に影響が…さすがジョナ飲み……。「キラ☆キラ」CM入るまでおしっこ我慢してたら下半身も気持ち悪いムズムズ感!うーわ~!!

posted at 13:26:25


 昼からジョナサンで焼酎&ドリンクバーのセットを飲んでいた。漫画のストーリーを台本的に書いてみる作業をしていたのだが、それがわりと早い段階でうまくいき、上機嫌で「キラ☆キラ」(TBSラジオの人気番組)を聴きながら

あたたかい抹茶ラテ+焼酎がクるわぁ。

posted at 14:59:03


 なんて楽しんでいた。そんな中、友人のあるつぶやきと写真が目に止まった。カレーだった。おいしそうなカレーだった。友人が、稲村ケ崎にあるお店のイベントを手伝っており、そこで出されているカレーだった。

あと一時間くらいジョナで唐揚げとか食べるの我慢できれば友人が関わってるイベントでカレー食べるの。カレーの絵を描いて脳ミソをカレーモードに修正してる。ジョナカレー頼んでしまわないよう注意しなきゃ!

posted at 14:42:36


 気分の良かった僕は、酒だけを注文しながら長時間入り浸るというジョナサン側にとって大層迷惑な行為の末、カレーを食べに行くことを決意した。
 どうもかなり酒がまわっているようだったので、酒を抜く意味もあり、歩いて友人の手伝う店へ行くことにした。だいたい4〜50分くらいの距離だ。

 そして店につくと、友人は忙しそうに働いていたので、あえて声をかけずにそのままテーブルに座った。長時間歩いたということもあったが、異様な披露を感じた。どうもまだ酒が抜けていないようだった。

316763936

 スパイスのきいたカレー。凄くおいしかった。セットでついてくるチャイも物凄くおいしかった。そして何よりも、そこにいた店員さんが恐ろしくかわいかった。
 酔っていたどうこうは関係なく、そりゃ気分もよくなるわって状況。僕は終始不気味に笑ってでもいたんじゃないかと思う。
 先程"お店のイベント"と書いたが、実はこれ震災のチャリティーイベントで、そこでは小さな弾き語りのライブが行われた。メインの方が奄美の出身ということで、奄美や沖縄の歌が披露される。

 酒、披露、カレー、チャイ、美女、奄美や沖縄のゆったりとした音楽……ハッキリ言って、完全に条件が揃っていた。

 沖縄の子守唄だという歌を聴いた時、
 僕は、軽くトリップしていた。

なんかジョナサンのお酒が予想以上に残ってて友人と会話するも何かよく分からなくなってたんで(つい今しがた話したんだけど何を話したかもう…)帰路へ。音楽が良かったんだなぁ。酩酊。

posted at 19:25:17

夜の海怖いな…。

posted at 19:26:16

変な酔い方してるな…。

posted at 19:26:45

ちょっと顔洗ったりしないとやばいかもな。つぶやくのがつらくなってきた。

posted at 19:28:17

そうか……眠いのか。

posted at 19:28:59

あと一時間くらい歩かなきゃなんだけど…。大丈夫かな。もし今日死ぬとしたら海沿いで車にひかれて死亡…。

posted at 19:30:32

 一見すると、冷静に自己分析でもしているように思えるが、そもそも、友人とろくに話もせずに店を出ている時点でおかしいのである。わりと久々に会う友人だったし、そうめったに会うわけでもない、いわば貴重な機会であるにも関わらず、何故か躊躇なく帰宅しようとしている。何を話したかよく分からないと書いているが、一応今は憶えている。あんまりにも変なことは言っていなかったと思うし、カレーの代金もきちんと払ったはずだ…。

 それはそうと、このあと、僕は徒歩での帰宅を試みている。まぁやはり4〜50分の距離だ。
 しかし、僕は確実に家に辿り着けるルートを知っているにも関わらず、それとは違う、手前の路地に入っていた。

 カレーを食べたお店は、稲村ケ崎駅のすぐ近くだった。そして、僕の知る、確実に家に辿りつける道は、稲村ケ崎駅から一駅半分行ったところの路地に入るのだが、僕は、一駅分も行かない別の路地に入っていたのだ…。

 2007年の12月24日から25日にかけて、歩数計を買ったまさにその日、僕は深夜に長距離の散歩をしている。
 その時、僕はある道に入って迷子になっている。今思えば、トリップ状態の僕が入ったのは、その路地だった。一度迷ったという道には普通入ろうとしないだろうが、トリップ状態にあった僕の脳は、何故か再挑戦という選択を行ったようだ。
 確かに、その路地から家へ辿り着ける道はあるらしい。しかし、過去に親の運転する車で数回通ったことがある程度、記憶も曖昧、また住宅街を通過していく為に、まるで迷路のような複雑な行き方をしないと辿り着けない抜け道だった。

 しかし、トリップ状態にある僕はそんなこと考えもせず、道なりにどんどん歩いていった。


 気付いた時、僕は稲村ケ崎の駅前にいた。


 その時いよいよ、正気に戻った。
 いや、ハッとしたのは確かだが、正気というのとは違うかもしれない。何故なら、そのまま軌道修正をし、確実に家に辿りつけるルートには行けばいいものを、僕は来た道を戻り、曖昧な抜け道をやはり探したのだった。
 ここまで来たからには探してやろうと思ったのは確かにある。また、駅に戻ってきたと同時に、PHSの電源が無くなったという、なんだかヤケになりたくなるような要因もあった。

 ともかく、僕は曖昧な記憶を頼りに、暗い住宅街を彷徨った。

 そして、なんとなく見覚えのある細い道を発見した。「たしか…ここだ」と思いながら、車用の滑り止めがついているような急勾配の坂を登った。しかし、登って奥に行けば行くほどに、まったく憶えの無い道になっていく。いくつかの分かれ道を、ほとんど勘だけで選択し進んだ。舗装されていない道に辿りついた時にハッキリと確信した。
 求めている道は、確実にここではない…。

 後ろを振り向くと、複雑に絡み合う路地。戻れるとは思う。戻れるとは思うのだが、その時点でかなりの距離を歩いていた為、やはり確実ではない。幼少の頃、気付いたら母親の姿が見当たらず、ゾッとしたあの感覚。
 とりあえず、こういう時には冷静になろうと努めても、何故か小走りとかしてしまう。「あれ、この道だっけ…いや、こっちか……?」酷い後悔。けっこうな距離を、また迷いながら戻らなければいけないこの絶望感…。

 その時、人通りも車通りも皆無だった道に、一台の車が走ってきた。形状を視るに、タクシーのようだ。

 利用するかはともかく、確実なルートを教えてもらおうと思い、手をあげて車を停めた。しかし、それはタクシーではなかった。

 確かにシルエットはタクシーのようだったが、それは天井に何か看板のようなものを載せた大分古そうなクラシックカーだった。

 一瞬、その特殊な形状の車両にゾッとしたが、よく視れば何かお店の看板らしかった。乗っていたのはかせきさだぁ≡さんのような気の良さそうなオッチャン風の男性。道を聞いてみると、ここではなく、大分前(歩数で言えば5000歩ほど)の二股の道を間違った方に来ていたようだ…不覚すぎる。

 結局戻るしかないのか…と覚悟を決めると「乗ってく?」との一言。
 いくらなんでも悪いので一旦断るも、よく話を聞くと、僕の家の方に用事があるらしいことが分かり、嬉々として乗せてもらうことに。

 こういう時、車内で気のきいた会話でもできれば書くことがあるのだが、人見知りな僕は「ありがとうございます」「すいません」を繰り返すくらいで、あまり会話もなく、無事に送り届けてもらった。


 うーん、どうも尻すぼみだけど…、個人的にはなんか非日常な一日だったので、記録してみました。こんな長文、最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »