« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月 3日 (木)

「悪魔を見た」感想

Sc002da65e



 「悪魔を見た」を観た。以下、ネタバレというよりも、視た方のみが分かるような内容で感想書いていきますので注意!

 とりあえず絵は、チラシのみを頼りに描いたので、中央のビョン様以外はうる憶えでして、まぁ何となく雰囲気でアイツかな?と認識していただきたいです、特にデブ。

 以下、箇条書きでダラダラ書きます。
 とりあえず冒頭はチェ・ミンシクのボッコボコでどうしても「オールド・ボーイ」のあのポーズを思い出し怖ぇ〜ってなる。
 最初に発見される遺体の一部が耳だったんで「ブルー・ベルベット」ってことは後半リンチ的悪夢世界にいくのか?!と思ったらそんなことはなかった。特に関係は無さそう?
 絵にも描いたけども、生首がホントに綺麗だった。"美しい死体"からもリンチを想起させた。
 犯人候補が視ていた日本のAV、女優は誰なのか気になった。で、その犯人候補の彼はハッキリ言ってこの映画で一番かわいそうだよ。痛いよアレは。
 ビョン×ミン対決後、明らかに株が落ちたチェ・ミンシクの権威回復の為に現れたと思われるタクシー殺人コンビの小物っぷり。比較してチェ・ミンシクの怪物ぶりが浮きだったのは良かったんだけど、コイツらのせいで後に出てくる殺人夫婦のインパクトがやや薄れた気がする。またその殺人夫婦もビョン様に対しての壁になるくらいの強敵だったらよかったんだけど、すぐにやられちゃう小物続き…、まぁ奥さんは最高に綺麗でエロかったんだけど。
 殺人夫婦登場てか奥さん登場した瞬間に観客は皆…ていうか僕がだけど「あ!この女の人犯されてくれないかな」と超不謹慎なこと思ってしまう圧倒的な綺麗さ。…で、後々それが叶えられるという嬉しい展開。
 「お前はミスをした」ってやたら強調されるから、何かとんでもないどんでん返しがくるのかと期待したら、まぁそりゃそうだろう…な"実は寝てなかった"&"指輪に気づいていた"という脅威の観察力。
 下痢で出ちゃうような探知機て、ちょっと"完璧な復讐"を行う姿勢としては足りない気がした。そういう探知機なのだったら、気絶してる間に傷口に直接埋め込むとか、後の展開を思うと、もう少し工夫があった方が良かったんじゃないかなと。
 僕が今まで視た数少ない韓国映画の感想なんだけど、ともかく警察が馬鹿。で、今回もやっぱり馬鹿だった。ビョン様と合流した時点で、どうしてビョン様を捕まえなかったのか…あるいは捕まえないにしても、完全に野放しっていうのはどうなの!でもまぁビョン様だったら警察ボコボコにして逃げることも出来そうだからいいのかなぁ…。
 あれだけ最低シーンを連発で上乗せしてるんだから、お姉さんヤ(犯・殺)られるとこも描写すればいいのにと思った。
 ラスト、実の両親と息子によって首チョンパなチェ・ミンシクだけど、あのシーン普通に会話できてたんで、話し方によっては助かることもできた?あるいは、計算した上でビョン様が助かる可能性を残しつつ彼に選択させた…的な意図は無いはずなんだよなぁ。チェ・ミンシクが彼曰く「勝った」から、復讐の連鎖を別の人間(家族)へ移行させるのが目的(というかそうして勝負を先延ばししたとも言える)だったんだから、やはりあそこは会話できるべきではなかったんじゃないか。

 全体的な感想としては、タクシー殺人コンビと殺人夫婦にも言えたことなんだけど、復讐の連鎖という構造からか"重ねる"ネタが多くて、それがビョン様の言葉とおり「だんだん残酷になっていく…」だったらよかったんだけどそうとも思えず、薄まってる上にバランスが悪いと感じてしまうところが多かった印象。「チェイサー」の衝撃を連鎖しちゃったら薄くなってしまうのは当然で、でもそのグッタリしてしまう感じは復讐の連鎖の物語であるからして、明らかに狙っている部分でもあり一概に否定もできない…でも個人的にはもっと娯楽に寄ってもいいと思った。殺人夫婦登場なんて悪ノリ以外の何者でもないんだからもっともっと盛り上がるのを期待していたんだよなぁ。
 同監督による僕の大好きな映画「グッド・バッド・ウィアード」の時もちょっと感じたんだけど、話の内容的には娯楽のみに行ってしまってもいいんだけど、それだけでは満足できないのか、ちょっとズラす、という感じ。寸止め?何だろう。でもそれが不思議で面白な感覚を生んでいるのも事実。

 なんか不満が多くあるような書き方になってしまったけど、確かに絶賛する気にはなれないながらも、映画全体から感じる圧倒的な迫力、登場する女性キャラの魅力、エロさ、痛いシーン最高!と見所は盛りだくさんで面白いことは間違いない!!
 デートムービーとして是非!!

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »