« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月29日 (木)

我が家に来たりて、超最先端機械的遊具。カスカベ博士もあるよ!

 Wii買った。

 両親がダイエットの為に、Wiiと「WiiFit」を買いましたしだいで、以前書いたことがあったように、僕は全然ゲームをやらない人間であるので、家庭用ゲーム機もニンテンドー64で止まってるっていう状態だったところに、まさかのWii…。

 人類はついに、月に到着したよね。

 まだネットにも繋げていないし、ソフトは「WiiFit」しか無いんで、とりあえずやることは似顔絵づくり。

090129_0033001_2
 大好きなカスカベ博士をつくった。わりと似たんじゃないかと思うけども、どうだろうか。

 あとWiiって、その本体にニックネームをつけることが出来るという任天堂の粋な計らいがあるんだけれども、その名前は「うめこ」に。
 もちろん、「デカレンジャー」の胡堂小梅こと、元ニャンチューの隣ポジションこと、菊池美香さん演じる「ウメコ」の方ではなくて、「アイドリング!!!」12号こと「おかあさん」こと「歌うまい!」こと「シモキタのラジオ公開録音で生の彼女視たら、滅茶苦茶かわいかったんだ!!」の河村唯ちゃんこと「うめ子」のほうね!!


 
とりあえずしばらくは、ゲーム三昧というわけにもいかない日常的多忙があったりなので、「WiiFit」をちょこちょこやって(さっき少しいじったのだけど、かなり面白!!)、時代の最先端を突っ走ろうと思う。

| | コメント (2)

2009年1月21日 (水)

カスカベ博士にLOVEずっきゅん

 やっと、念願の、「ぜってぇ俺この漫画好きだよ」、「確実に影響受けちゃう」、ついに!!「ドロヘドロ」を読んだんです。
 ちょっと前に誕生日だったんで、自分にプレゼントして、大人買っちゃったわけで、既刊全部。

 案の定、もう今脳内は「ドロヘドロ」一色。
 あまりにも魅力的なキャラクター群を視て、版権モノの同人漫画を描きたい!「ドロヘドロオンリー」の会場は何処だ?!なんて普段あまり思わないのに思っちゃったりしたけども、あまりにもキャラ魅力が強いので、とても僕なんかには料理できなさそうでシュンとしたり。
Kasukabe

 その魅力的なキャラ群の中でも、僕はカスカベ博士を推す。
 僕は元々、「BLEACH」の涅マユリとか、「ZOMBIE POWDER」のナズナ・ジェミニなんかのマッドなサイエンティストに弱く(オサレ久保作品強いね!)、あとこっちは基本的に女の子に対してのものだったんだけども太眉属性もあるもんで、それが合わさったカスカベ博士が好きじゃないはずがないんですね。あと、チョコ色の肌も何とも言えない。あとこれは「ドロヘドロ」のキャラクター全員にも言えることだけど、笑顔が素敵!!

 いやぁ、彼の為になら喜んで自らを、実験体として差し出すよね!!

 たまんねーね!

| | コメント (0)

2009年1月18日 (日)

予感めいた遺書的な

 友人とよく話すことの中に、「本日の美女遭遇率」というものがある。
 「今日はアタリ日だぜ!!」
 「残念だが俺はハズレ日…トホホ…」
 つまりはその日にあった、かわいい女の子の数が多ければ「アタリ日」で、少なければ(またはとんでもないブスをよく視たとかだと)「ハズレ日」になるわけなんだが、僕のここ数日、そうさな一週間くらいになるか、の「アタリ日」具合がマジ半端無い。


 「本日の美女遭遇率」のアタリ日とハズレ日の差異についての考察っていうのがあって、その中でも有力とされているのは、その日の「場所」が大事なのではないかというもの。やはり場所によって、そこにいる女の子等の系統が違ってくる。「シブヤ系」とかそういう言葉が生まれるくらいで、つまり我々にとっての「アタリ日」とは、その地域周辺をうろつく系の女の子が好みのタイプだってことになる。
 有力とされている、なんて書いたが、ハッキリ言って私はこの説に異を唱えている…というか、あまりそういうデータ的なものとして捉えたくないという希望があるのだ。場所柄でアタリ日が分かってしまうなんてことがあったら、毎日そこに行けばいいだけの話で、それって僕らが「共有する感覚」では無くなっちゃう。
 そう、僕のイメージする「本日の美女遭遇率」というのは、我々の中にある、なんとなくな共有感覚のことなのだ。

 分かってもらえるだろうか…、だからして実はこの「本日の美女遭遇率」についての考察自体が蛇足であって、本来なら
 「今日はアタリ日だ!」
 「いいなぁッ!!羨まし」
 …で会話終了しまっていいような、そういう程度の楽しい話題なんである。僕の中では。
 まぁ、そんなこと言いつつも、適当に考察すること自体は楽しいんだけれども。


 さて話を戻して、僕のここ最近の「美女遭遇率」に関しての話。
 まず先程の「場所説」を真っ向から否定するように、僕は様々な場所、例えば藤沢、池袋、横浜、熱海…などにて、あまりにも異様な数のかわいい女の子を視た、と感じた。

 あまりにも視すぎて、「俺近いうちに死んじゃうんじゃないの?」と本気で思った程である。

 しかし、考えてみると…僕が先程否定した、この共有感覚への考察をあえてしてみるとしたら…、僕の中での「美女」の基準が変化してしまっているんではないか、という可能性。
 これも、友人らて「本日の美女遭遇率」について語っている時に出る考察の例なのだけど、日によって、自分がかわいいと思う女の子の線引きが微妙に違っているんじゃないか、っていうこと。
 例えば、今日の淫夢に出てきたアイドルと似たような容姿の人がいて「ハッ」とする。今日は出かける前に相撲を視てきたせいだろうか…ちょっとポッチャリ系の子がどうも気になる…とか、なんかそういう様々な要因によって、「俺の好みのナオンは黒髪ロングでボインのマンボウ(まん毛ぼうぼう)…」なんて確固かと思っていた自分のタイプに乱れが生じてくる。

 僕はもしかすると、今、極端にそういう状態なのではないか。
 アナがあれば、なんでもいいや状態とでも言おうか。言い過ぎか。

 でも。

 そう、やはり考察なんていらなかったんだ。読んでも分かる通り、つまらないじゃないか。オチもつかんし。
 最近はアタリ日続き=超ラッキー
 これでいいじゃないかと思うんだ。だから幸せ。

 しかし、こうやって一応報告しておいたのは、近々本当に僕が死んだのだとしたら、「幸せ過ぎ死に」であったということを、友人各位には知っておいてほしかったからでした。
 >あまりにも視すぎて、「俺近いうちに死んじゃうんじゃないの?」と本気で思った程である。
 って先に書いたけど、

 そう、これけっこうマジなんだ。

 つまりこの記事は、死に対しての恐怖から書いたものなんでした!!

| | コメント (3)

2009年1月10日 (土)

ハンベーガー(グッドな発音)

Kuresin_josikousei
 やっぱり僕らの生活にハンバーガーってかかせないと思うんですよ。
 マクドナルド、モスバーガー、ファーストキッチン、ロッテリア、ウェンディーズ、バーガーキング、フレッシュネスバーガー…メジャーどこを挙げればこんな感じだろうか。

 「ハンバーガーならどこよ?」「俺はやっぱモス派かな」「『やっぱ』だよね」「ロッテリアも最近頑張ってるよ」「あー、『絶品』シリーズね」「モスだって『とびきり』始めたぜ」「お前等…ファッキンのポテトは素晴らしいじゃねえか」「「「それハンバーガーじゃねえだろ!!」」」

 ちなみにこの会話、登場人物は4人…ていうのはどうでもいいのだけど、各自やはり「○○派」ってのをつくりたいって思っているのか、そういう話をすることがよくある。
 そして、もちろん僕にもそれがある。去年の半ばくらいまでは、「モスは『やっぱ』うまいし『匠味』の功績は評価するべき…いやでもバーガーキングの復活は涙が出るほど嬉しいし、やっぱ改めて食べてみて美味かった…でもウェンディーズの『99円』は良い感じなうえに馬鹿みたいにデカいバーガーも魅力的…しかし、マックの安さと、個人的には『マックポーク』の世間での毛嫌いされぶりに反抗しようと『マックポーク』食いまくってたら、なんだか麻薬的な魅力があってすっかりファンになっちゃったという点を考えて……」なんてー何処つかづだったんです……が、

 Becker's

 今一番選ぶならコイツで間違いなす!!

 店舗数少ないし、関東圏にしか無いもんで知名度低いけど、ハッキリ言って最高だぜここ!オススメは…

Pg
 ペッパー&ガーリックバーガー

 俺にとって「P&G」つったら、「ファブリーズ」とか「ジョイやで~」で有名なあっちじゃなくて、当然こっちのことだからね!!
 さらに、店舗限定商品なんで、場所によってはもう食えなくなってしまったけど…

Gonion
 粗挽きグリルバーガー ローストオニオン

 「旨さの衝撃『G』」という宣伝文句が目をひいた、…そして確かに初めて自慰を憶えた時と同じくらいの衝撃があったよ!!

 とりあえず食うがいいと思う。


 つーわけで、大手ハンバーガーショップのポテトが揚がった音をリミックスした曲も入っている

gassyohの新曲集「gets ep.」

 ジャケットは僕が描いたよ…もよろしく!!

| | コメント (2)

2009年1月 3日 (土)

空也上人ジャケット

 友人のgassyoh君が曲をリリースしたんで、そのジャケット絵を僕が描かせてもらったよ!!

 こちら!!!!

 無料な上に素晴らしい曲なもんで、ドンドン落として、バンバン聴きまくるといいよ!!
 ジャンルはテクノなんだけれども、「テクノなんか聴いたことないよ!」てな人も聴いて楽しい「要素」が彼の曲には含まれていると思うんで、是非聴けばいいんだ!!
 無論、テクノが大好きだって人も聴こう、とは言うまでもないかな。

 彼が過去にリリースした曲も名曲揃い!是非聴け!!

 

 牛(今年の干支じゃん!!)

 クラクション


 また過去のジャケ絵描いてる方々が素晴らしすぎて泣けるぜ!!

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »