2012年12月31日 (月)

2012

3時間くらいかけて書いた今年のまとめ記事が消えたのでぐったりしてます。

さよなら。

| | コメント (0)

2012年12月17日 (月)

ネットの抽象の中傷ではない

友人がFBに抽象的な"別れ"の文を書き込んだ。事情を知らない人間は、それを読んでも何と別れたのかは分からない。別の友人がコメントで風俗との別れではないか、というような冗談を書いた。だがその"別れ"はどうやら"死"だった。

不用意なコメントをしてしまった友人はすぐに謝罪した。結果、関係が悪化することもなく、無事、昨日も仲良く喋っていた。ところで不用意なのは、コメントをした彼だけだろうか。

FBでの書き込みなので、その文を読むのは親しい知人である可能性が高い。またその文には「ここで書くべきではないかもしれない〜」というような一文があり、タブーのようなものを匂わせてはいた。
では何故書いたのか、ということは、僕がほぼ事情を知らないので置いておく。僕は、二人がしたことは共に、結果的に不用意になってしまったとは思うが、理解できるし、場合によっては肯定さえする。

ネットに書き込む抽象的な文章については、常にツッコミが入ることを覚悟しておくべきだ。
今回の友人の場合、どうも事情が事情であるらしいし、彼は普段から"意味ありげで、かまってちゃん臭のする抽象文"を書くような輩ではないので、個人的には同情する。だが事故は、やはりその覚悟が足りなかった故に起こってしまったのだと思っている。

つまり、彼はその書き込みを消去した。


※一応断っておくけども、消去という選択は今回の場合、当然だと思っている。僕もそうするだろうし。

| | コメント (0)

2012年9月29日 (土)

ひっでーの

絵日記の公開場所を変えてしまったので、ので、このブログを更新する場合は、今後文章と写真とか、そういうのがメインになっていくのかお思われるんですが、てか元々はそればっかだったので原点回帰とかそういうことになるのか…は置いておきまして。

オンラインでは基本的にTwitterでしか文を書かないし、オフラインに至ってはファミレスの順番待ちで偽名を書く時くらいしかもう機会が無い。
そんな状況に陥りますと、いざ頭の中で文章を組み立てようとしたり、またその結果それを言葉にして出す時…うまいこといかなくなってることに気づいてしまう。
リハビリが必要なのでは……からのこの文章になってくるわけなのだけど、ここまで、このたいして長くもない文を書くのに、かなり時間をかけてしまっている。もう今も次の文が思いついてないもの。昔だったら、適当なことだとしても何かしらの言葉が頭に浮かんだものだけど、今はもう、そういうのが一切ない。そりゃ、人と話してて言葉につまる瞬間が多発するわ…と。

人はこうやってポンコツになっていくのだという事実を目の当たりにしてしまいショックが隠しきれないし、この文章の適当な落としどころも完全な闇の中な今にも大きなショックを受けているところで。
中身は無いにしても、とりあえず「ウンコ!」とか叫べば文章閉じられるような流れくらいに持って行っておけよと、過去の自分なら言うんじゃないかとか妄想しながら、もう頭に思い浮かぶ何かをただ繋ぎ合わせるモードに今から突入して、あとで文章振り返ることなく投稿してしまおうかなということにしました。それがリハビリになんのかは分からないけど、とりあえず、なんとなくな文章になることを期待して自動筆記をば。

明日はというかもう数時間後には友人の結婚式があって、でそのためにはあと一時間くらいでムクリして支度しないといけないのだけど、なんかこんなの書いてたらちょっと眠くなってきたりなんかして、こりゃ寝ようと思う前に行った手淫が効いてきやがったなこのやろみたいな。

うっわすげぇ眠いとか書いてながらもほんと突っ伏したい顔を枕に…、この自動筆記的なものって常に前に前にってイメージだから自然とあたまも前に前にで床に突っ伏してもおかしくない映像が頭の中で再生されつつも、指はフリック入力を行っているから寝るモードではないってもどかしいから、もう文章書くのやめて、ちょっとの時間でも寝ればいいんじゃんいいじゃんすげぇじゃん寝よ。

あー、ウンコ!

| | コメント (0)

2012年7月28日 (土)

金曜「たまむすび」の公開生放送行った。

2012_7_27_001

2012_7_27_002

| | コメント (0)

2012年7月12日 (木)

7/11と7/12の日記絵 a,k,a キ○タマ漫画とア○ル漫画

2012_7_11_1

2012_7_11_2


2012_7_12_1

2012_7_12_2

これファッキンで描いていたんですが、隣席が女子高生軍団で気まずかったです。

| | コメント (0)

«かなまらリベンジ